Quality for performance

全ては最高のパフォーマンスのために

  

Quality for performance

 

全ては最高のパフォーマンスのために

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Quality for performance

全ては最高のパフォーマンスのために

Shape & Technology

Shape

CLEAVEでは全てのボードがシェイパー中津川 賢のハンドシェイプによって生み出されます。シェイパーとCLEAVEプロライダー

によるテストを経て選りすぐったマテリアルのみを採用し、そのマテリアル特性とハンドシェイプを高次元で融合させます。人の

手でしか感じ取る事ができない感覚を大切に、そしてライダーがボードに対して何を求めているのかを最優先に考え、ライダーが

波を捉え笑顔になる瞬間をイメージしてボード制作は進んでいきます。

[ シェイパー:中津川 賢 ]

2003年よりハンドシェイプを始め、シェイプ歴10年を越える。日本のトッププロだけでなく海外選手のボードも手がけている。

 

Technology

(ヒートラミネーション)

CLEAVEではボード制作にあたりヒートラミネーション方式(熱溶着)を採用しています。世界標準として採用

されるこの方式は、高温風によって材料の表面のみを溶かし溶着させるものです。材料表面が溶かされた際に出

来た樹脂皮膜によってボードのコア全体が覆われるため、防水性能もさることながら、ヒートラミネート独自の

しっかりとしたコシのあるフレックスが生まれます。CLEAVEでは自社独自開発したラミネートマシーンを使い、

他では真似が出来ないクオリティーの高いラミネートで仕上げます。

Feedback

新しいテクノロジーやボードの耐久性については、常に契約プロライダーによるテストが行われています。

冷水域、温水域、スモールウェーブからビッグウェーブまで、考えうる全てのコンディションでのデータ収集を経

て製品にフィードバックされています。

Shape & Technology

シェイパー:中津川 賢

2003年よりハンドシェイプを始め、シェイプ歴10年を越える。日本のトッププロだけでなく海外選手のボードも手がけている。

Shape

全てのボードがシェイパー中津川 賢のハンドシェイプによって生み出されます。シェイパーとCLEAVEプロライダーによるテストを経て選りすぐったマテリアルのみを採用し、そのマテリアル特性とハンドシェイプを高次元で融合させます。人の手でしか感じ取る事ができない感覚を大切に、そしてライダーがボードに対して何を求めているのかを最優先に考え、ライダーが波を捉え笑顔になる瞬間をイメージしてボード制作は進んでいきます。

 

Technology

(ヒートラミネーション)

CLEAVEではボード制作にあたりヒートラミネーション方式(熱溶着)を採用しています。世界標準として採用されるこの方式は、高温風によって材料の表面のみを溶かし溶着させるものです。材料表面が溶かされた際に出来た樹脂皮膜によってボードのコア全体が覆われるめ、防水性能もさることながら、ヒートラミネート独自のしっかりとしたコシのあるフレックスが生まれます。CLEAVEでは自社独自開発したラミネートマシーンを使い、他では真似が出来ないクオリティーの高いラミネートで仕上げます。

Feedback

新しいテクノロジーやボードの耐久性については、常に契約プロライダーによるテストが行われています。冷水域、温水域、スモールウェーブからビッグウェーブまで、考えうる全てのコンディションでのデータ収集を経て製品にフィードバックされています。

Shape & Technology

[ シェイパー:中津川 賢 ]
2003年よりハンドシェイプを始め、シェイプ歴10年を越える。日本のトッププロだけでなく海外選手のボードも手がけている。

Shape

CLEAVEでは全てのボードがシェイパー中津川 賢のハンドシェイプによって生み出されます。シェイパーとCLEAVEプロライダーによるテストを経て選りすぐったマテリアルのみを採用し、そのマテリアル特性とハンドシェイプを高次元で融合させます。人の手でしか感じ取る事ができない感覚を大に、そしてライダーがボードに対して何を求めているのかを最優先に考え、ライダーが波を捉え笑顔になる瞬間をイメージしてボード制作は進んでいきす。

 

Technology

(ヒートラミネーション)

CLEAVEではボード制作にあたりヒートラミネーション方式(熱溶着)を採用しています。世界標準として採用されるこの方式は、高温風によって材料の表面のみを溶かし溶着させるものです。材料表面が溶かされた際に出来た樹脂皮膜によってボードのコア全体が覆われるため、防水性能もさることながら、ヒートラミネート独自のしっかりとしたコシのあるフレックスが生まれます。

CLEAVEでは自社独自開発したラミネートマシーンを使い、他では真似が出来ないクオリティーの高いラミネートで仕上げます。

Feedback

新しいテクノロジーやボードの耐久性については、常に契約プロライダーによるテストが行われています。冷水域、温水域、スモールウェーブからビッグウェーブまで、考えうる全てのコンディションでのデータ収集を経て製品にフィードバックされています。

Materials

使用するマテリアルは、シェイパーのアイディアとトップライダーによるテストで厳選されます。

ボードシェイピングは最適な素材選びから始まります。

Polypropylene Core

ボードの要となるコア材には日本製ビーズ状発泡ポリプロピレンフォームを採用しています。

コア材自体のフレックス(しなり)をソフト、ミディアム、スーパーハードから選ぶことができ、冷水域や温水域にも細かく対応可能です。
 

Deck / Bottom / Rail

Stringer

フレックスを強化するストリンガーにはFRPコンポジットパイプを採用しています。
外径10mm、12mm、16mmのストリンガーは、外径が太いものほどボードのフレックスを硬く仕上げることができます。
一度に1〜3本をボードにセットすることが可能で、ライディングスタイルや使用環境に応じて細かくセッティング出来ます。

Mesh Stabilizer

メッシュスタビライザーには日本製の特殊なメッシュを採用し、ボードのフレックス(しなり)を強化・サポートします。
ライディング時に必要なフレックスを残しながらも過剰なフレックスは抑え、ボードのスピード性とコントロール性をロスしないようにします。
メッシュ自体がとても軽量なため、ストリンガー強化よりボードを軽量に仕上げることが可能です。

Materials

使用するマテリアルは、シェイパーのアイディアとトップライダーによるテストで厳選されます。ボードシェイピングは最適な素材選びから始まります。

Polypropylene Core

ボードの要となるコア材には日本製ビーズ状発泡ポリプロピレンフォームを採用しています。

コア材自体のフレックス(しなり)をソフト、ミディアム、スーパーハードから選ぶことができ、冷水域や温水域にも細かく対応可能です。

Deck / Bottom / Rail

■DECK(デッキ)→NXL(ノンクロスリンク)

■BOTTOM(ボトム)→SURLYN(サーリン)

■INNER RAIL(インナーレール)→IXL(クロスリンク)

■OUTER RAIL(アウターレール)→NXL(ノンクロスリンク)

Stringer

フレックスを強化するストリンガーにはFRPコンポジットパイプを採用しています。
外径10mm、12mm、16mmのストリンガーは、外径が太いものほどボードのフレックスを硬く仕上げることができます。一度に1〜3本をボードにセットすることが可能で、ライディングスタイルや使用環境に応じて細かくセッティング出来ます。

Mesh Stabilizer

日本製の特殊なメッシュを採用し、ボードのフレックス(しなり)を強化・サポートします。ライディング時に必要なフレックスを残しながらも過剰なフレックスは抑え、ボードのスピード性とコントロール性をロスしないようにします。メッシュ自体がとても軽量なため、ストリンガー強化よりボードを軽量に仕上げることが可能です。                   

Materials

使用するマテリアルは、シェイパーのアイディアとトップライダーによるテストで厳選されます。

ボードシェイピングは最適な素材選びから始まります。

Polypropylene Core

ボードの要となるコア材には日本製ビーズ状発泡ポリプロピレンフォームを採用しています。コア材自体のフレックス(しなり)をソフト、ミディアム、スーパーハードから選ぶことができ、冷水域や温水域にも細かく対応可能です。

Deck / Bottom / Rail

A→DECK(デッキ): NXL(ノンクロスリンク)

B→OUTER RAIL(アウターレール): NXL(ノンクロスリンク)

C→BOTTOM(ボトム): SURLYN(サーリン)

D→INNER RAIL(インナーレール): IXL (クロスリンク)

Stringer

フレックスを強化するストリンガーにはFRPコンポジットパイプを採用しています。外径10mm、12mm、16mmのストリンガーは、外径が太いものほどボードのフレックスを硬く仕上げることができます。一度に1〜3本をボードにセットすることが可能で、ライディングスタイルや使用環境に応じて細かくセッティング出来ます。

Mesh Stabilizer

メッシュスタビライザーには日本製の特殊なメッシュを採用し、ボードのフレックス(しなり)を強化・サポートします。ライディング時に必要なフレックスを残しながらも過剰なフレックスは抑え、ボードのスピード性とコントロール性をロスしないようにします。メッシュ自体がとても軽量なため、ストリンガー強化よりボードを軽量に仕上げることが可能です。

Method of a custom board

世界に1本自分だけのボードを・・・

 

Basic Model

5種類のベースモデル(アウトライン、レールスタイル、テールスタイルが決まっています)の中から1つ選び、それを元にカスタムボードを作ります。

 

Full Custom

とことんこだわって作りたい方はフルカスタム。

 

 

※“Basic Model”と“Full Custom”の文字をクリックすると詳細が見れます。

Method of a custom board

 

Basic Model

5種類のベースモデル(アウトライン、レールスタイル、テールスタイルが決まっています)の中から1つ選び、それを元にカスタムボードを作ります。

 

Full Custom

とことんこだわって作りたい方はフルカスタム。

 

“Basic Model”と“Full Custom”をタップすると詳細が見れます。

Method of a custom board

世界に1本自分だけのボードを・・・

 

 

Basic Model

5種類のベースモデル(アウトライン、レールスタイル、テールスタイルが決まっています)の中から1つ選び、それを元にカスタムボードを作ります。

 

Full Custom

とことんこだわって作りたい方はフルカスタム。

 

 

※“Basic Model”と“Full Custom”の文字をクリックすると詳細が見れます。

Color Simulator

ENTER

 

 

Color Simulator

ENTER

 

 

Color Simulator

ENTER

 THE CREW

 THE CREW

 

Yoshitada Kondo Miya Inoue

Akiko Sato Yuka Nishimura

Ayaka Suzuki Yasuko Mochizuki

Shunsuke Segawa Momoko Araki

Grant Molony Jake Sharp

Clayton Pickworth Ken Nakatsugawa

近藤 義忠 / 西湘
2013 IBA Gopro Pipe Challenge 9th
井上 美彌 / 御宿・和歌山
2010,2011IBA SINTRA Portugal Pro 2nd
佐藤 晃子 / 新島
2013 IBA Bodyboard Pro Festival at Praya Parguito, Vanezuela 3rd
西村 優花 / 千葉
2009 JPBA AQA鬼怒川カップ 優勝
鈴木 彩 / 茅ヶ崎
2013 IBA World tour ENCANT PRO 2nd
望月 康子 / 静岡
2011 JPBA 新島アイランドカップ 4位
瀬川 俊輔 / 茨城
2013JPBA木崎浜クリーンビーチCup5位
荒木 桃子 / スエヒロ
2013 IBA Puerto Rico 9th
Grant Molony / North shelly, Australia
2012 IBA The Port Macquarie Festival of Bodyboarding DK division 2nd
Jake Sharp / Coffs Harbour, Australia
2009 DK Sessions event at Forster Winner
Clayton Pickworth / Port macquarie, Australia
Creator of Dropknee Sessions since2002 Head Judge DK World Tour2011/12
中津川 賢 / 鎌倉、鵠沼
CLEAVEシェイパー

THE CREW

ABOUT US

〈社  名〉  クレバー
〈設  立〉  2003年2月
〈事業内容〉  カスタムボディボード製作
        ボディボードアクセサリー企画・販売

        ウェットスーツ企画・販売
        アパレル企画.販売、通信販売
〈所  在〉  〒251-0033 神奈川県藤沢市片瀬山1-9-13
〈電話FAX〉  0466-27-1441
〈代  表〉  中津川 賢

〈取引銀行〉  三井銀行 藤沢支店 / 三井住友銀行 片瀬山出張所

 

ABOUT US

 

〈社  名〉 クレバー
〈設  立〉 2003年2月
〈事業内容〉 カスタムボディボード製作
       ボディボードアクセサリー企画・販売

       ウェットスーツ企画・販売
       アパレル企画.販売、通信販売
〈所  在〉 〒251-0033 神奈川県藤沢市片瀬山1-9-13
〈電話FAX〉  0466-27-1441
〈代  表〉 中津川 賢

〈取引銀行〉 三井銀行 藤沢支店 / 三井住友銀行 片瀬山出張所

 

ABOUT US

〈社  名〉  クレバー
〈設  立〉  2003年2月
〈事業内容〉  カスタムボディボード製作
        ボディボードアクセサリー企画・販売

        ウェットスーツ企画・販売
        アパレル企画.販売、通信販売
〈所  在〉  〒251-0033 神奈川県藤沢市片瀬山1-9-13
〈電話FAX〉  0466-27-1441
〈代  表〉  中津川 賢

〈取引銀行〉  三井銀行 藤沢支店 / 三井住友銀行 片瀬山出張所

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ken's Blog

 

“シェイパー中津川賢のブログ”

波乗りやシェイプの事など

自由に書き綴っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ken's Blog

 

“シェイパー中津川賢のブログ”

波乗りやシェイプの事など

自由に書き綴っています。

 

Copyright 2014 CLEVER. All Rights Reserved.